コンクリートがらの再利用技術

震災コンクリートがらを利用した海水練りコンクリート

高い耐久性が求められる港湾コンクリート構造物を、経済的・短工期に製作します

ブロックなど港湾構造物を製作する場合、震災で発生した大量のコンクリートがらを効率的に利用するために、直径30~50cm程度の大きさに簡易破砕し、型枠内に均等に投入します。プレパックド(※1)(ポストパックド(※2)も可能)コンクリート工法により、海水練りモルタル(練り水に海水を使用したモルタル)を注入してブロックなどの港湾構造物を製作します。

 

【消波ブロックの施工フロー】

消波ブロックの施工フロー

 

1 大量の震災コンクリートがらを有効利用できます
  • 25t消波ブロック1基の製作で、約14tのコンクリートがら(コンクリート1m3当たり1.4tのがら)を処理でき、有効利用が図れます。
2 ブロック製作コストを約35%縮減できます
  • コンクリートがらを摩砕や加工せず、そのまま利用することにより、がらの処理費やブロック製作費の削減が図れ、生コンクリートを使用した場合に比べ、約35%のコスト削減が可能です。
3 ブロック製作工期を短縮できます
  • 海水をモルタルの練り混ぜ水とすることで、初期強度が大幅に増加するため早期の型枠脱型が可能となり、施工サイクルを短縮できます。さらに寒冷地における冬期施工の場合、養生期間の大幅な短縮が可能です。
4 コンクリートの品質を確保できます
  • 海水を使用することにより強度が増加するため、品質にばらつきがあるコンクリートがらを利用しても、港湾用ブロックに必要な強度が確保できます。

【プレキャスト工法による消波ブロックの製作状況】

消波ブロック型枠へのがら充てん状況

消波ブロック型枠へのがら充てん状況

消波ブロックの海水練りモルタル注入状況

消波ブロックの海水練りモルタル注入状況

脱型状況

脱型状況

完成した消波ブロック

完成した消波ブロック

※1 コンクリートがらを型枠内に充てん後、モルタルを間隙に注入する工法

※2 モルタルを型枠内に充てん後、コンクリートがらを投入する工法

検索