秋田県北部洋上風力発電事業に向けた合同会社の設立について

プレスリリース

株式会社大林組(本社:東京都港区、代表取締役社長:蓮輪賢治)は、秋田県北部洋上風力発電事業の実現に向けて「秋田県北部洋上風力合同会社」(以下、新会社)を、共同事業者と共に設立します。

大林組は2016年3月に秋田県北部沖で発電規模最大455MWとなる洋上風力発電の事業化に向け、環境影響評価等の各種調査検討に着手し、現在も海底地盤調査、風況調査などを進めています。今後は新会社が事業主体となって、2024年度以降の運転開始を目標に、事業化に向けた検討を進めていきます。

合同会社の概要

商号 秋田県北部洋上風力合同会社
所在地 東京都港区(今後秋田県内へ移転予定)
資本金 10百万円
代表社員 株式会社大林組
業務執行社員 株式会社大林組
関西電力株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:岩根茂樹)
社員 株式会社大林組
関西電力株式会社
株式会社秋田銀行(本社:秋田県秋田市、代表取締役頭取:新谷明弘)
株式会社寒風(本社:秋田県男鹿市、代表取締役社長:菅原廣悦)
株式会社沢木組(本社:秋田県男鹿市、代表取締役社長:沢木則明)
三共株式会社(本社:秋田県にかほ市、代表取締役社長:安倍秋一)
株式会社ダイニチ(本社:秋田県能代市、代表取締役社長:大森三四郎)(※1)
中田建設株式会社(本社:秋田県秋田市、代表取締役社長:中田潤)
日本電機興業株式会社(本社:秋田県秋田市、代表取締役社長:進藤正己)

※1 大森建設株式会社(本社:秋田県能代市、社長:大森三四郎)の子会社

秋田県北部洋上風力発電事業の概要

運転開始 2024年以降を予定
発電規模 最大455MW
事業区域 能代市浅内沖、三種町八竜沖、男鹿市若美沖

今後、新会社は、地域の理解を得ながら、確実な事業実現をめざしてさらなる参画者を迎えることも視野に入れ、気候変動対策として有力かつ大規模開発によって経済性を確保できるエネルギー源と位置付けられている風力発電の事業化により、持続可能な社会の実現をめざしていきます。

秋田北部洋上風力

以上

この件に関するお問い合わせ先
大林組 コーポレート・コミュニケーション室 広報第一課
TEL 03-5769-1014

プレスリリースに記載している情報は、発表時のものです。