大林組のTVCM「おおばや氏とぼく」最新作、「宇宙エレベーター」篇がスタート

佐藤健さん・矢本悠馬さん共演による第二弾

会社情報

大林組は、「MAKE BEYOND つくるを拓く」というブランドビジョンのもと、2021年1月から展開している企業広告シリーズの最新作として、俳優の佐藤健さん、矢本悠馬さんが出演する新TVCM おおばや氏とぼく「宇宙エレベーター」篇(15秒・30秒)を、2021年7月1日(木)から全国でオンエア開始いたします。

新TVCM おおばや氏とぼく「宇宙エレベーター」篇

ブランドビジョンについて

世界情勢の変化や技術革新により、社会が複雑さを増すこの時代、1892年の創業以来、「ものづくり」で培ってきた力を強みにしながら、今という時代に合わせて発展し、従来の建設の枠を超えて、新しい領域を拓いてゆく――ブランドビジョン「MAKE BEYOND つくるを拓く」には、そんな大林グループの挑戦の意志が込められています。

TVCMについて

「大林組の『つくるを拓く』取り組みを親しみやすく紹介していく」という狙いのもと、佐藤健さん演じる大林組を擬人化したキャラクター「おおばや氏」と、矢本悠馬さん演じる「ぼく」とのかけ合いを通じて、建設業の枠を超え、夢を実現する大林組という企業を伝えていく「おおばや氏とぼく」TVCMシリーズ。第2回となる本CMの注目ポイントは、「エレベーターで宇宙へ行けたら素敵ですよね」という「おおばや氏」の言葉を聞いて、「ぼく」が「ずいぶん先の話だな」と笑いながら聞き流そうとするシーンです。自分には関係のない遠い未来のことだと、まったくピンとこない「ぼく」に、「おおばや氏」が「案外、近いかもですよ」と声をかけた次の瞬間、二人が見上げたはるか上空に広がる壮大な景色とは......。

「おおばや氏」のキャラ設定について

「おおばや氏」は大林組の創業からの年数と同じ年齢130歳の男。一見夢のような話をしながら、単なる妄想に終わらせず、具体的な形として示していく彼の一挙手一投足を、大林組の企業姿勢と重ねています。チャームポイントは、トレンチコートと眼鏡。現代風でもあり、どこか異世界から来たようにも見えるスタイリングが特徴です。

TVCMストーリー

おおばや氏とぼく「宇宙エレベーター」篇(30秒)

とある複合施設でエレベーターを待っていた「おおばや氏」(佐藤健さん)。そこへ「こんにちは」とやって来た「ぼく」(矢本悠馬さん)に、「お久しぶりです」と挨拶して、一緒にエレベーターへ乗り込みます。

ボタンの前に立ち、「何階ですか?」と尋ねる「おおばや氏」。「ぼく」が「5階を」と答えると、突然「宇宙にまいります」とつぶやきます。「は?」と戸惑う「ぼく」をよそに、「エレベーターで宇宙へ行けたら素敵ですよね」と「おおばや氏」。話についていけない「ぼく」が「なんの話?」と返すと、「おおばや氏」は力強く「未来の話です」と答えます。「ずいぶん先の話だな」と微笑む「ぼく」に、「案外、近いかもですよ」と見上げるように促すと、地球と宇宙空間の巨大なステーションをつなぐ宇宙エレベーターの構想図が浮かび上がります。

再び現実に戻り、「でしょ」と「ぼく」を見つめる男。そこへ「おおばや氏(130歳?)」というタイトルが重なり、なんだかワクワクしている「ぼく」と「おおばや氏」のツーショットに、「彼の名前はおおばや氏。時々未来に連れてってくれる」というナレーションが入ります。

TVCM概要

タイトル 大林組 新TVCM おおばや氏とぼく「宇宙エレベーター」篇(15秒・30秒)
出演 佐藤健、矢本悠馬
放映日 2021年7月1日(木)
放送地域 全国

特設サイト

大林組の「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトではTVCMやメイキング映像、グラフィック広告、インタビューなどのコンテンツをご覧いただけます。

この件に関するお問い合わせは「お問い合わせページ」からご入力ください