技術研究所で「土木の日」 見学会を開催しました

清瀬市の小学生に、暮らしを支える最先端技術を紹介

サステナビリティ

技術研究所で「土木の日」 見学会を開催しました

本館テクノステーション地下でのスーパーアクティブ制震システム「ラピュタ2D」の見学

大林組技術研究所(東京都清瀬市)では、毎年「土木の日」(11月18日)にちなんだイベントとして見学会を開催しています。11月20日、21日の2日間、地元清瀬市の清瀬第八小学校と清明小学校の5年生、計141人を招待しました。子どもたちは、本館テクノステーションをはじめとする最先端の研究施設を2時間30分かけて見学。研究員と共に実験にも挑戦しました。

電磁環境実験棟音響実験施設では、実験を通して、電波や雷、音といった身近なものへの理解を深めました。 東京スカイツリー®のタワークレーンからの3D映像体験では「本当に運転しているみたい」、「こんな高い所で仕事をするのは緊張する」といった声も上がりました。

本館テクノステーションでは、大空間オフィスICタグでのパーソナル空調・照明による「省エネの仕組み」、ラピュタ2Dの「揺れない仕組み」にも興味津々で、研究員の説明を熱心に聞きながらメモを取っていました。

木に落ちる雷の実験映像を見て、雷が静電気であることを学習

木に落ちる雷の実験映像を見て、雷が静電気であることを学習。「屋外で雷が鳴ったらどこに逃げるのが安全ですか」などの質問が上がりました

東京スカイツリー®第2展望台タワークレーン運転席からの建設当時の映像を上映

東京スカイツリー®第2展望台タワークレーン運転席からの建設当時の映像を上映。地上500mでの作業を体感できます。2013年3月まで展示予定

見て、触れて、考える。技術研究所への企業訪問、見学会のご案内

技術研究所では小・中・高校生に向けての多彩な見学コース、体験プログラムを用意しています。安全・安心な毎日を支える大林組の最先端技術を学ぶ機会として、ぜひご活用ください。
見学をご希望の方は「技術研究所について」をご覧のうえ、ご連絡ください。

大林組は、これからも技術研究所の見学会の開催を通して、暮らしを支える最先端技術とものづくりの魅力を次世代に伝えてまいります。