大林組のグリーンインフラ

Loading...

グリーンインフラってなに?

自然は私たちに、健康や安らぎの提供、災害の軽減、気候変動の緩和など、さまざまな恵みをもたらします。
この恵みを暮らしや社会に意識して取り入れ、課題の解決や、新たな価値の創出をめざすのが「グリーンインフラ」の考え方です。
グリーンインフラは、自然科学とものづくりを融合させることで最大限の効果を発揮し、私たちの暮らしをより豊かにします。

理念-「自然とつくる」/Philosophy/thought/ideal

大林組は、グリーンインフラをものづくりに積極的に取り入れることで、暮らし、自然環境、経済に好循環が生まれると考えています。

「自然と、つくる。」には、
自然の仕組みをしっかり理解し、その機能を尊重したい、
自然をものづくりに取り入れ、人と自然が共生し、生きがいと活気あふれる社会にしたい、
という強い思いを込めています。

長年にわたって培ってきた確かな技術力と提案力、そして私たちの強みである実現力を活かし、大林組はグリーンインフラの考え方を取り入れた、豊かな暮らしや社会づくりに貢献していきます。

事例紹介/Case study

  • なんばパークス(大阪府大阪市)

    約5,300m2の屋上緑地には多様な動植物が生息・生育し、人々が身近に自然と触れ合える場となっています。ヒートアイランドの緩和やCO2の吸収効果も期待できます。

  • 品川セントラルガーデン(東京都品川区・港区)

    南北約400m、幅約45mの緑地は、樹木が緑陰を形成し、心地よい空間になっています。丁寧な維持管理により、人工的な緑地でも多くの生き物を見ることができます。

  • 六花の森(北海道河西郡)

    河畔林の蘇生、緑地の連続性の創出、湿地の回復などを通して、特定植物の保全や、地域固有種の保全と活用を行っています。エコツーリズムの拠点として、多くの観光客が訪れています。

  • oak omotesando(オーク表参道)(東京都港区)

    生物の生息地評価モデルを活用して、鳥が好む要素を配置しています。屋上緑化単独としては初となるJHEP認証(※)を取得しています。
    ※(公財)日本生態系協会による認証制度

  • 大林組技術研究所(東京都清瀬市)

    敷地内の緑地帯で約4,000t/hの雨水浸透、約950tの雨水貯留を実現しています。目的が異なる3ヵ所のビオトープは、トンボやカルガモなど、昆虫類や鳥類の生息環境となっています。

  • 江戸川河川堤防(埼玉県吉川市)

    木くずや間伐材のチップを骨材として用いた「チップクリート®」を吹き付けることで、盛土斜面の表面浸食を抑制し、デザイン性の高い緑化を実現しています。

受賞歴・研究成果

受賞歴

  • 2019年

    赤坂インターシティAIR/第18回屋上・壁面緑化技術コンクール屋上緑化部門 国土交通大臣賞(都市緑化機構)
  • 2017年

    豊洲フォレシア/第16回屋上・壁面緑化技術コンクール壁面・特殊緑化部門 国土交通大臣賞(都市緑化機構)
  • 2016年

    虎ノ門ヒルズ/第15回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール屋上緑化部門 国土交通大臣賞(都市緑化機構)
  • 新ダイビル堂島の杜/第15回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール屋上緑化部門 日本経済新聞社賞(都市緑化機構)
  • 木片コンクリートによる斜面の緑化対策技術の研究/環境賞(土木学会)
  • なんばパークス/2016年日本建築学会賞 業績(建築学会)
  • 2014年

    生態系に配慮した大規模緑地空間創造(なんばパークス)/第34回エンジニアリング 功労者賞(エンジニアリング協会)
  • 中之島 四季の丘・ダイビル本館/第13回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール 日本経済新聞社賞 屋上緑化部門(都市緑化機構)
  • なんばパークス/第41回環境賞 優良賞(日立環境財団、日刊工業新聞社)
  • 2013年

    都市内における生態系に配慮した大規模緑地空間の創造(なんばパークス)への評価/平成24年度土木学会賞 環境省(土木学会)
  • 2012年

    なんばパークスへの評価/土木学会デザイン賞2011 優秀賞(土木学会景観・デザイン委員会)
  • 2010年

    発表論文「都市緑地の微気候と生物多様性の評価に関する研究」への評価/第22回アーバンインフラ・テクノロジー推進会議 技術研究発表会 奨励賞(アーバンインフラ・テクノロジー推進会議)
  • 技術研究所の雑木林(キンランの林)の生育地を確保し、生物多様性に貢献/生物多様性保全につながる企業のみどり100選認定「企業緑地部門」優良事例(都市緑化基金)
  • 2008年

    グリーンキューブライトを利用した新有楽町ビルの屋上緑化提案「天空ガーデン」への評価/大手町・丸の内・有楽町地区屋上緑化アイディア提案競技 優秀賞(NPO屋上開発研究会)
  • 2002年

    都市のヒートアイランド対策技術の開発-屋上緑化システム、打ち水ペーブと熱環境予測システム-/第14 回技術研究発表会 優秀賞(アーバンインフラ・テクノロジー推進会議)

論文

  • 2020年

    グリーンインフラとしての都市樹木の樹冠通過雨量評価/長野ほか/大林組技術研究所報 No.84
  • 2018年

    法面緑化用「チップクリート®」の強度と長期モニタリング評価/杉本、十河/大林組技術研究所報 No.82
  • 都市部に植栽された3種の広葉樹の樹冠遮断量評価/長野ほか/日本緑化工学会誌 Vol.44
  • アサリを指標とした環境調査と潜堤を用いた海水制御の効果/大島ほか/大林組技術研究所報 No.82
  • 2017年

    生息地評価モデルの名古屋・大阪への適用/長野、松原/大林組技術研究所報 No.81
  • 2016年

    主観評価と環境測定を組み合わせた屋外誘導システムの開発/井口ほか/大林組技術研究所報 No.80
  • 2014年

    津波避難シミュレーションを用いた地域の安全性向上/武田ほか/大林組技術研究所報 No.78
  • 2012年

    東北地方太平洋沖地震津波の再現解析と防潮堤の効果に関する検討/武田、野村/大林組技術研究所報 No.76
  • 2010年

    木片コンクリートによる緑化技術/杉本ほか/一般社団法人コンクリート工学協会・コンクリート工学 Vol. 48, No.9
  • 底面給水型緑化ブロック舗装システムの開発 打ち水グラスパークとその開発経緯/赤川、杉本/建設の施工企画
  • 底面給水システムによる緑化舗装「打ち水グラスパーク」/杉本、赤川/大林組技術研究所報 No.74
  • 生物多様性に配慮したビオトープ/寺井、岩井、飛世/大林組技術研究所報 No.74
  • 2009年

    数値都市気候モデル「Appias(アッピアス)」の開発/片岡ほか/大林組技術研究所報 No. 73
  • 2008年

    屋外熱環境評価のための数値予測モデルの開発-樹木による冷却効果のモデル化-/片岡ほか/日本建築学会学術講演梗概集D-1環境工学1 pp.927-928
  • 底面潅水システムによる土壌水分管理と熱環境改善効果/杉本、赤川/大林組技術研究所報 No.72
  • 2005年

    ビオトープの自然環境保全機能-生き物の生息、雨水貯留と水質浄化-/寺井ほか/大林組技術研究所報 No.69
  • 市街地風環境の予測・評価技術/木梨/大林組技術研究所報 No.69
  • 2003年

    閉鎖性水域に造成した捨石堤で囲われた干潟の効果と課題ー尼崎臨海部の環境修復を目的とした現地実証実験ー/石垣ほか/大林組技術研究所報 No.67
  • 2002年

    風環境シミュレーション「Zephyrus(ゼフィルス)」の開発/木梨/大林組技術研究所報 No.64
  • 1999年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その6)ー礫付着物および礫間堆積物の実態ー/宮岡、辻/大林組技術研究所報 No.59
  • 1998年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その5)ーコンクリート廃材の石積み礫材としての活用ー/山本ほか/大林組技術研究所報 No.56
  • 1997年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その4)ー水質浄化性能に及ぼす水量負荷の影響ー/宮岡ほか/大林組技術研究所報 No.55
  • 1996年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その3)ー実海域の実証施設における浄化性能ー/宮岡ほか/大林組技術研究所報 No.51
  • 1995年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その2)ー実海域の浄化堤実証施設における生物相と水質浄化能ー/藤井ほか/大林組技術研究所報 No.50
  • 1994年

    石積み浄化堤による海水浄化工法の開発(その1)ー実海域の浄化堤実証施設における水質浄化の初期特性ー/辻ほか/大林組技術研究所報 No.49
  • 1992年

    生活系排水の浄化機能を有する緑地の開発/近江ほか/大林組技術研究所所報 No.44

学会発表等

  • 2020年

    分断された緑地における希少植物の分布状況/相澤/第67回日本生態学会大会
  • 都市緑地に植栽された複数の広葉樹の樹冠通過雨量評価/長野ほか/グリーンインフラ・ジャパン・2020大会
  • グリーンインフラの視点から見た建設会社保有技術の分類/相澤ほか/グリーンインフラ・ジャパン・2020大会
  • 山梨県市町村総合事務組合立一般廃棄物最終処分場におけるビオトープ整備/寺井ほか/土木学会 全国大会
  • 2018年

    都市部に植栽された3種の広葉樹の樹冠遮断量評価/長野ほか/日本緑化工学会
  • 豪雨被害の軽減を目的とした都市樹木の樹冠通過雨量測定/長野ほか/建築学会 全国大会
  • 干満を利用した塩分躍層解消によるアサリ育成場の機能向上/大島ほか/土木学会 全国大会
  • 2017年

    生態系に配慮した緑地設計のための生息地評価モデルの開発~名古屋・大阪におけるシジュウカラの環境選好性~/長野、杉本/建築学会 全国大会
  • 汽水湖でのアサリ再生に向けた環境調査/大島ほか/土木学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その5 春季調査の測定概要と気象概況/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その6 春季調査結果と季節間の結果考察/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 2016年

    津波による構造物への外力に関する実験的研究/野村ほか/土木学会 全国大会
  • 汽水湖でのアサリの生育と環境調査/大島ほか/水環境学会 全国大会
  • アサリの生残・潜砂に及ぼす低水温・低塩分の影響/藤井ほか/土木学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その3 冬季調査の測定概要と温冷感/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その4 冬季調査結果と考察/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 2015年

    屋外空間における環境と主観評価、生体情報に関する研究/井口ほか/電子情報通信学会HCGシンポジウム
  • 汽水域の干潟の二枚貝生息環境としての基礎調査/大島ほか/水環境学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その1 夏季調査の測定概要と気象状況/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 複合商業施設の屋外空間における快適感評価に関する研究 その2 夏季調査結果と考察/赤川ほか/建築学会 全国大会
  • 2013年

    堤防を守る省管理型緑化技術~河川堤防植生フィールド試験における3年間の調査事例~/杉本、十河/日本緑化工学会・第44回大会研究交流発表会
  • 2012年

    津波による橋梁の流出に与える防潮堤の効果に関する検討/野村ほか/土木学会 全国大会
  • 環境緑化に利用する木片コンクリートの侵食耐性/杉本ほか/土木学会 全国大会
  • 2011年

    チップクリートを用いた低管理型緑化工法~木くずを再利用した法面保護技術~/十河/2011建設リサイクル技術発表会(講演)
  • 2009年

    数値都市気候モデル「Appias(アッピアス)」による屋外温熱環境予測/片岡ほか/アーバンインフラ・テクノロジー推進会議第21回技術発表会
  • 2008年

    大林組の屋外環境予測技術/木梨/平成20年度社団法人日本環境アセスメント協会, 技術交流会展示発表
  • 2007年

    海水中のふん便性大腸菌群の浄化手法に関する検討/西川ほか/第41回日本水環境学会年会
  • 2005年

    底面潅水方式による屋上緑化システムの薄層土壌の水分特性/杉本ほか/農業土木学会・年次大会
  • 底面給水システムによる緑化舗装の熱環境に関する研究/杉本、赤川/建築学会 全国大会
  • 2003年

    都市とともに成長する屋上緑化技術―薄層緑化から大規模緑化まで/杉本/空気調和・衛星工学会近畿支部 環境工学研究会
  • 石積浄化堤を用いた干潟造成の効果と課題/石垣ほか/土木学会 全国大会
  • 2002年

    建設副産物の緑化利用に関する研究(2)-木片コンクリート板の特性/杉本、辻/土木学会 全国大会
SCROLL