広告

  • 森と生きる街

    森林資源を最大限に有効利用し、持続可能性と魅力ある暮らしを両立する、森林と共に生きる街「LOOP 50」建設構想。緑の森の中から顔をのぞかせる「おおばや氏」と「ぼく」。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • 浮く街

    ナノテクノロジーを活用した空中都市構想「FUWWAT2050」。本来浮くことのない椅子がふわりと浮かび、そこに座って宙に浮く"おおばや氏"と"ぼく"。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • 未来の農業

    新時代の循環型農業をめざす大林組の「COMPACT AGRICULTURE」構想。未来の畑をイメージした空間に寝転ぶ"おおばや氏"と"ぼく"。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • 宇宙エレベーター建設構想

    宇宙エレベーターが上昇する動きを形と色で表しています。ダイナミックな情景を描くことで、未来を見据え、夢を実現する大林組の姿勢を表現しています。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • 火星居住計画

    「マース・ハビテーション -火星居住計画」を抽象的に描いた空間に、「おおばや氏」と「ぼく」が「つくるを拓く」の実現に向けて未来を見つめる様子を表現しています。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • つくるを拓く

    つくることそのものをつくり変えてゆこう、新しい領域を拓いてゆこうという挑戦への思いを表現しています。広告は「MAKE BEYOND つくるを拓く」特設サイトからご覧いただけます。

  • やっぱり木がいいね

    大林組は持続可能な社会の実現に向けて、木造·木質化建築に積極的に取り組んでいます。地球や人に優しい木の特性や木造の新たな可能性をマンガ形式の会話で解説しています。
    毎日新聞(2021年2月28日掲載)

  • 今日も、未来をつくっています。

    私たちが生み出す「未来」は、明るく色鮮やかで、豊かな「未来」でありたい。一つひとつの仕事に込めた私たちの思いを表現しています。

  • 時をつくる こころで創る

    一人ひとりが「こころ」を込め、空間とともに、夢のある新しい「時」を創り出していく。そのような思いを表現しています。

  • 地球に笑顔を

    すべての人々と地球環境そのものに、満足や幸せの象徴である「笑顔」を届けたい。自然と人、個人と社会との調和が保たれた明るい未来をイラストで表現しています。

  • GO!GO! TOKYO SKY TREE by OBAYASHI

    世の中を元気にしながら伸びていく東京スカイツリーの勢いを、GO!GO! という言葉に込めました。

  • 「東京スカイツリー」は私たち大林組が、つくっています。

    日本の新しいランドマークは、最先端の技術と総合力の結晶です。2011年の竣工をめざして、ただいま建設中。

  • 工法は変わっても創るスピリットは変わらない。

    「使う人の気持ちを考えてきちんと創る」私たちは、この精神(スピリット)を守り続けています。